空飛ぶバディネリ 『閻魔様の殉職』(第4回/全4回) by AntennaMan

空飛ぶバディネリ

♭ いろいろな読み物などを掲載します。リンクはご自由にどうぞ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『閻魔様の殉職』(第4回/全4回) by AntennaMan

『閻魔様の殉職』(第4回/全4回) by AntennaMan

<<前回              目次



 さ、じゃんじゃんやりましょう。
 そういやね、このあいだ抜いたひとね、下が二枚あったんですよ。二枚舌なんてよくいうけど、ほんとに二枚あったのなんて初めてみたなあ。怪我でもしてそうなっちゃったのかなあ。生まれつきだったのかなあ。どういうんだろうなあ。
 なんか、こう、無性に抜きたくなってきちゃったな。あれ、結構いい音するんですよ。ご存じないかもしれませんが。なんていえばいいのかなあ。ブチッていうかポンっていうか。ズルッてのも違うなあ。ズリュ、かなあ。ゴニュ、ボチ、ブン、プン。違うなあ。
 ね、大王様、ここで営業しちゃいませんか。今、出張鑑定とかいろいろはやってるでしょ。いいじゃないですか。どうせ職務規程もなにもいいかげんなんだから。まとめて抜いておいて帰るときに連れていけばいいじゃないですか。
 ま、もうちっと飲みますか。せっかく職場から離れてきたんですもんね。仕事の事は忘れて飲まなくちゃ。
 おねえちゃん、お酒じゅっぽん。
 ねえ、大王様。あのおねえちゃん。嘘ついてると思います?
 でしょう。ちょっと呼んでみませんか。そんな、場所くらいちがったって、なんてったって大王様ですもの。ええ、あたしがちゃんと連れて帰りますから。道具ですか。ちゃんとありますよお。あたしがもってないわけないじゃないですか。このみちひとすじ、早抜きマック、なんちゃって。いえ、冗談ですよ。冗談。でも、あたしその気になれば早いですよ。早い、簡単、痛くない、どうです、このコピー。
 いいですか。ちょっとやってみますか。
 まずは聞いてみるだけですよ。今度お酒持ってきたとき。
 あ、はい、ありがと。うん、そこおいといて。
 ね、おねえさん、ちょっとちょっと。
 ねえ。おねえさん今まで嘘ついたことある。え、うそ。正直にいいなよ。だめだめ、ちゃんと顔にかいてある。あるんでしょう。嘘ついたこと。
 ないの。全く? そんなことないでしょう。どんなちっちゃな嘘でもいいから。
 え、学校さぼってバイクの免許とりにいったの。高校んとき。親にないしょで。ほかには?
 そう、じゃあその彼氏怒ったでしょ。やっぱりね。
 なに、そこんとこまだ隠したままなの。うそ。ひどいなあ。それじゃずっと嘘つき続けなくちゃじゃない。え。そうだよ。それ、立派な嘘だよ。やっぱりあるじゃない。ね。
 ほら、白状した。大王様、やりましたよ。このひと嘘ついたことがあるそうです。どうします。ここでいいですか。ちょこっと抜いちゃって。
 おねえちゃん、なにそんな怖い顔してるの。別にたいへんなことじゃないよ。この道一筋、早い、簡単、痛くない。ほら、口あけてみて。だいじょぶだいじょぶ。
 だめだ、このひと。大王様、ちょいとこのひと、ひとにらみしてやっちゃくれませんか。
 はいはい、いいこですねえ。お口をああんと、そうそう、ああんって。いたくなんてないからねえ。みんな始めはおどろくけど、なんてことはないんだからねえ。そうそう、いいこですねえ。おくちをあーんて。そ。べーって。うん。べーって。
 はい、おしまい。ね。すぐだったでしょ。早い、簡単、痛くない。ね。
 おや、なんすか、この赤いの。なんだろ。
 え、血ですか。へえ。
 ね、おねえちゃんどしたの。ほら、もう済んだから。痛くなんてなかったでしょ。
 どしたの。おねえちゃん。やだなあ、そんな真っ白な顔して。その癖赤い泡ふくなんてへんだよ。カニなら赤い顔で白い泡だよ。どしたの。やめてよ、もう。そんな怖い顔して、あたしが悪いことしたみたいじゃない。
 え、死んじゃったんですか。なんすかそれ。え、やだなあ、大王様知ってたなら教えてくれなくちゃだめじゃないですか。じゃなんですか、あたしらの職場にやってくるのは死んでからってわけなんですか。え、もう三途の川あたりにいってる。へえ。超特急じゃないですか。すごいな。でも、それじゃここにいるおねえちゃんはなんですか。あ、そうなんですか。死んじゃうとこれは関係ないんですか。おいてっちゃっていいんですか。へえ、死ぬってすごいなあ。電車にもなんにも乗らなくていけちゃうのか。へえ、便利なものだなあ。あたしらも、帰りはそうすることにしましょうよ。
 でもこのおねえちゃん、なかなか美人さんですよね。渡し船のじいさん、ちゃんと渡してくれるかなあ。自分ちに連れ帰ったりしないだろうなあ。ちょっと心配だなあ。あのじいさんぽっちゃり系の美人に目がないみたいだしなあ。
 ね、閻魔様、あたしら先回りしてこのおねえちゃん待ってましょうよ。もしこなかったら渡しのじいさんが連れてちゃったんだから。知ってます? まえも何度かあったんですよ。そういうこと。あたしらのうちじゃ有名ですよ。あたし、そういう、職種を利用したヤクトクみたいなの大嫌いなんです。早くいきましょ。死んじゃえばいんでしょ。そうすりゃ、超特急だから間に合うでしょ。
 なにいってるんですか。このあたしのこと信用してないんですか。早い簡単痛くない。プロですよプロ。あとでちゃんともとに戻しますってば。ほら、まかせて下さい。だいじょぶだいじょぶ。だいじょうぶですってば。
 おや、さすがは大王様。これまるで牛タン並みじゃないですか。立派なもんだ。やっぱ、閻魔に抜擢されるひとなんてこういうとこからして違うんだなあ。みてくださいこれ。
 あれ、なんだ大王様まで赤い泡なんかふいちゃって。そうか、これが、うまく三途の川に追いついたって合図なのか。あたしもお会計済ませたらすぐいきますから。ええと、財布と伝票は。
 はあ、よく食べたなあ。そういや、大王様からなんにももらわなかったなあ。出張手当てじゃ足りそうにないのわかってるくせに。あんなにひとりで食っといて残り全部あたし持ちじゃ、ちょっとわりに会わないなあ。でも、こうやってみると、大王もなんだかでかいだけのヒヒじじいだなあ。こんなひとの下で働いてたのか。あたしみたいな技能職、移動なんてないからなあ。こんどもっと明るく楽しい人が閻魔職についてくれないかなあ。こんないつもむすっとした人の下だと、息がつまるものなあ。
 しかしまあ、見苦しいこと。こんなの置いていったら店のひとも迷惑だろうねえ。でもあたしだって紅顔の美少年ってわけじゃないから、にたようなものか。それおいてってひとに見られるのやだな。いいや、あたしは電車でゆっくり帰ることにしよ。道に迷ったっていえばいいや。そうしよ。あたしがいうより大王様がいうほうが、渡しのじいさんこたえるだろし。
 あ、そうだ。デザートまだだったな。それ食べてから出ればいいや。なんだろ。タンのシャーベットだったりして。まさか。そいつが、壺みたいないれものにはいってたりして。ゲ。また、やなこと考えちまった。どうしていつもこうなんだろ。やだなあ。


<<前回              目次
               
                [読み物インデックスへ]
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。